手厚い優遇措置が魅力の団体保険と財形保険の見直し方とは? (はじめての生命保険 | 安くて安心な保険の選び方)

手厚い優遇措置が魅力の団体保険と財形保険の見直し方とは?


個人で契約する個人保険とは別に所属する企業や団体など法人を通す生命保険があります。
機能を特化したものや個人保険に比べて優遇された内容も多いのがメリットでしょう。

その一つが団体保険です。
団体定期保険は保険期間中に死亡した場合の死亡保険金のみ受け取れます。
保険期間は一年で一般的に退職まで保障を更新でき、いわゆる「掛け捨て型」です。
拠出型企業年金は在職中に保険料を払い込む年金です。

このほかにも医療保障保険などがあり、ケガや病気で入院した場合公的医療保険の自己負担額に応じた給付金を受け取れます。
また税制優遇措置や企業による給与天引きなどにより会社員の財産形成を助ける財形制度による生命保険もあります。

そしてもう一つが財形保険です。
財形年金積立保険は払込保険料累計385万円(財形住宅貯蓄積立保険と合せて550万円)までは利子が非課税になり、受け取る年金も非課税になります。
財形住宅貯蓄積立保険では住宅の購入を目的とした積立で利子は非課税になる保険です。
財形貯蓄積立保険は給与から天引きされる積立貯蓄で、途中で引き出すことができますが利子には源泉分離で課税されます。

[注目] ダイエットに効果的な酵素ドリンク 今大ブームの酵素ドリンクを実際に飲んだ感想と効果について

 

スポンサードリンク

 

2016年 生命保険料の一括見積もり会社ランキング

最適な保険選びに迷ったら?無料相談サイトの活用がお得です!


ホーム RSS購読 サイトマップ
迷ったらネットで無料相談! 保険の一括見積もりランキング