生命保険と税金との関係が知りたい (はじめての生命保険 | 安くて安心な保険の選び方)

生命保険に加入する前に生命保険料控除制度について理解しよう


これから生命保険に加入を検討している人も、すでに加入している人も、生命保険と税金との関わり方について、理解を深める必要があります。生命保険や医療保険に加入すると、契約している保険会社から毎年、年末までにはその年の1月1日から12月末までに支払った保険料について、生命保険料控除証明書が自宅に届きます。

生命保険料控除証明書が届いたら、サラリーマンやOLは、年末調整時に勤務先の会社にこれを提出して、個人事業主は翌年の2月中旬〜3月中旬の確定申告の用紙に添付して税務署に提出する必要があります。

生命保険料控除を勤務先の会社や税務署に提出する際は、コピーしたものではなく、必ず原本を提出します。生命保険料控除とは、所得控除のひとつであり、1年間に保険会社に払い込んだ保険料に応じて、一定の金額の所得控除が受けられる制度です。

 

生命保険の解約返戻金と税金との関係は

生命保険の解約返戻金を受け取った場合、税金との関わりについては、どのような感じなのでしょうか。解約返戻金が50万円を超えない場合は、とくに課税されることはありません。解約返戻金についてなにか不明な点があれば、解約する前に1度、契約している保険会社の社員に尋ねるか、保険の無料相談窓口のファイナンシャルプランナーに相談すると良いでしょう。

死亡保険金を受け取る場合は、受取人によって課税される税金について違いがあります。生命保険の契約者と被保険者が同一の人である場合は、課税される税金の種類は相続税、受取人と契約者が同一の場合は所得税、そして契約者と保険金の受取人、被保険者とすべて異なる場合は、贈与税が課税されることになります。

相続税・所得税・贈与税と3種類の税金の中で、税制上もっとも有利とされるのは、とくに大きな資産を所有していなければ、相続税がもっとも有利とされています。

 

スポンサードリンク

 

2016年 生命保険料の一括見積もり会社ランキング

最適な保険選びに迷ったら?無料相談サイトの活用がお得です!


ホーム RSS購読 サイトマップ
迷ったらネットで無料相談! 保険の一括見積もりランキング