アカウント型の生命保険の特徴 (はじめての生命保険 | 安くて安心な保険の選び方)

貯蓄性を重視する人にはアカウント型がおすすめ


あまり耳鳴れない言葉ですが、アカウント型の生命保険についてご存知でしょうか。アカウント型と聞いても、いったいどんな内容なのか、あまりピンとこないと思いますが、正式には利率変動型積立終身保険と言います。この言葉を聞いて、貯蓄性の高い生命保険であることが想像できると思います。

主契約の死亡保障はもちろん、豊かな老後に備えて貯蓄性の高い生命保険に加入したいと考えている人には、アカウント型はおすすめです。貯蓄性が高いため、定期型保険よりは月々の保険料は高くなりますが、生活にゆとりがある人には、アカウント型生命保険で将来に備えておくと良いでしょう。

アカウント型の生命保険の最大の特徴は、保険料の払い込み期間中は貯蓄中心となります。極端に言えば、主契約が積立で、保障は特約となっていますが、保険料払い込み期間が満了した時点で、ここから先は積立の残高に応じて、保障を受けることかできるとともに、終身保障となります。


 

貯蓄するほどに老後に手厚い保障が受けられるのが魅力

アカウント型の生命保険の最大のメリットは、貯蓄性が高いため、満期になるまでお金をためて、積立の残高が高い人ほど、老後の生活がより豊かになります。銀行にお金を預け入れても、金利が限りなくゼロに近いため、貯めた分の金しか受け取ることができませんが、アカウント型の生命保険に加入することによって、貯蓄にプラスアルファの付加価値があります。

満期を迎えて保険料の払い込みが満了した時点で、自動的に終身保険の保障に切り替わるのが、最大の特徴です。ただし、デメリットをあげると、貯蓄性が重視されている分、満期日までに貯めたお金が少ないと、終身保障がそれなりになってしまうことです。積立については、利率変動型が導入されており、自分が思っていたよりもお金がたまらなければ、終身保障がうすっぺらなものになる可能性がありますので、注意が必要です。

 

スポンサードリンク

 

2016年 生命保険料の一括見積もり会社ランキング

最適な保険選びに迷ったら?無料相談サイトの活用がお得です!


ホーム RSS購読 サイトマップ
迷ったらネットで無料相談! 保険の一括見積もりランキング